病気と向き合うあなたへ、より豊かな人生を生きたいを願うあなたへ、伝えたいことがあります。2度の子宮頸ガンの自然治癒から学んだ身体のこと、自然療法のこと 治癒力開花-がんを超えた世界 トップページへ
トップ > からだについて > 1.からだの声を聴く

自分の体をいたわるために

1.からだの声を聴く

                      

皆さん、からだに不調があらわれたときは、まず、どうしますか? 

かゆいときは、かゆみ止め?

痛みがあるときは、鎮痛薬?

咳が出る時は、咳止めシロップ?

つらい症状をとりあえず、抑える=ふたをする=感じないようにする

には、上記の方法も間違ってはいません。

しかし、あくまでも、とりあえず・・・

 

一番大切なことは 

「どうして、こんな症状が出たの?」

  と、からだに聴いてみることなんです。

「からだに聴くって何? そんなこと、難しいよ」 というかたは

  ここ最近の生活を振り返ってみてください。

 食生活、睡眠、運動、精神状態、などなど・・・

「あ!」 と、思い当たることがあると思います。

 

からだは、日々 私達にメッセージを発信しています。

私達は、そのメッセージを受信できる余裕があるでしょうか?

「からだの声」 を聴く耳を持っていますか?

からだと対話してますか?

「痛いよ~!」 「疲れたよ~!」「もう、限界~!」

という からだの声を無視してはいませんか?

 

目の前の問題が 山積していたりすると、ついつい「声」を無視して

その場しのぎの投薬で抑えて、頑張ってしまうことがあります。

 

「私」 を動かしてくれている 「私のからだ」

見たいものを見て、食べたいものが食べられる、音が聴けて、声も出る。

スムースに動く手足、行きたい場所に思ったとおりに行ける。

 

こういうこと、当たり前でしょうか?

 

 

何だか調子が悪いな・・・ と感じたら

「どこの病院に行こうか?」「何の薬を飲もうか?」

と、意識を外側に向けて考えがちですが、

いったん、立ち止まって内側を意識してみてください。

「どうしたの?」 

って、からだに問いかけてみてください。

 

あなたなりに、思い当たることが出てくるでしょう。

 それこそが、「からだの声を聴く」 はじまりです。

「からだの声」をキャッチできると、自然とからだをいたわるようになりますよ。

自然と、からだに優しくなれます。

 からだは「相棒」ですから。