病気と向き合うあなたへ、より豊かな人生を生きたいを願うあなたへ、伝えたいことがあります。2度の子宮頸ガンの自然治癒から学んだ身体のこと、自然療法のこと 治癒力開花?がんを超えた世界 トップページへ

ガン克服体験記

私のがん克服体験その1

                      

子宮がん検診で・・・

1991年5月 実家の母親に

「区のガン検診に行かない?もう あなたも30歳だから受けられるわよ」

(当時、横浜市在住の女性は30歳から子宮ガン検診対象でした)

と言われ、軽い気持ちで はじめて検診を受けました。

その頃、私は冷え症ではあったけれど、それ以外に持病はなく生理も軽く定期的にあるし

2年前の初産も安産でした。

私にとって ガンという病気は 「自分とは何の関係もない遠いもの」 でした。

ガン家系でもなく、健康面で自覚するような不調は 特にありません。

ですから、検診に対して何の不安もありませんでした。

ところが、それから何日後か、1枚のハガキが届きました。

「子宮頸ガン検査について 要精検」 と太字で印刷されていました。

自覚症状がないし、事態がよくわからず、

「どうして、こんなハガキがきたんだろう?」と疑問でした。

しかたなく、そのハガキを持って近所の総合病院を受診しました。

「こんなハガキがきたら、ビックリしちゃうよね?。大丈夫だと思うけど、はっきりさせようね」 

と産婦人科の医師に言われたのを覚えています。

私も、「そうか、悪くないことをはっきりさせるために 調べる検査なんだ。」

と自分に都合のいいように解釈して 検査して帰りました。

やっぱり、少し気持ちが重かったので、こんなふうにして吹っ切りたかったのです。

 

 

がんの告知・・・

その後、結果を聞きに行くと、検査したときと同じ医師が

「う?ん、良くないんだよね。」

「え?」

「あのねぇ、子宮頸ガンなんですよ。初期だと思いますけど・・・」

「・・・・・」

医師は、私が一緒に連れていた2歳の長女を見て、メガネをはずして言いました。

「子宮、取っちゃいましょう。 お子さん、もう 1人いるんだし・・・ね、いいでしょう?」

「?・・・・・」

この人、いったい何を言っているんだろう?

子宮だけを取って すむことではないでしょう?

私は、パーツの集まりではないのに・・・

どうして、ガンができたのか、それをつかまなくっちゃ、本当には治らない・・・・

私は、この問題を解かなくっちゃ・・・・・・・>

何だか、そんな思いが わ??っと ものすごい勢いで、私を包みました。

たぶん数秒間だったと思いますが、その溢れ出てくる思いに 

私自身が圧倒されそうでした。

 

手術を拒否して・・・

医師との押し問答の結果、 私が手術に同意しなかったので

「来週、旦那さんをつれてきてください。」と言われました。

とにかく、病院を出て、ほっとしました。

しかし、事態は深刻なのだということは 十分重く感じていて 帰り道は、気がついたら

娘の手を ぎゅっと握っていました。

帰宅してから、もう一度 落ち着いて考えました。

もし本当にガンならば、子宮だけでなく、私全体がガンなのだろう。

子宮を摘出するのではなくて、私のすべてを 何とかして治さないと・・・。

あの医師が私に直接言ってくれてよかった。

でも、摘出手術はしない。何か、別の方法を探さないと・・・。

何か、きっとあるはず・・・ そんなことを思いました。

夫と 実家の母親に話しました。

夫は、驚いた上に、私が 

「でも手術はしないよ。私、頑張って治すから」 

と言うと、さらに驚いて二の句が継げない・・・という感じでした。

母親は、ふだんから自然療法を生活に取り入れていたので、

「大丈夫よ、初期なら治るわよ。 ガンが治った人、知ってるわよ。」

と、本当に心強い言葉でした。

病院には、それから一度だけ 夫と一緒に行きました。

医師は、ガンの進行状態を説明し、転移の可能性が高いという話もしました。

でも、私がよく話して打ち合わせてあったので、夫は同意せず

「考えてみます。」 と言ってくれました。

「若いから進行も転移も早いですよ。死んでも知りませんよ!」

と言われ、夫は かなり不安そうでしたが・・・

 

「怖い」という気持ち・・

私は、自分自身を 最大限の強気モードにしていたので

「なによ!あれ、脅迫じゃない?」

なんて言って、怒ることで、本当の自分の気持ちをごまかしていました。

このときは、自分をごまかしている、なんていう自覚もありませんでしたが。

今だから、わかるんですけど 本当は ものすごく怖かったんです。

でも、「怖い」と言っていては、何も進められないと思って 恐怖心にはフタをして

このときは とにかく前を向いて進むことにしたのです。

もう二度とこの病院には来ないわ!

私には、私の納得できる方法がきっとあるはず・・・これから、それを探すんだ!

それが、見つかったら、「私自身」も見つかるような気がしました。

よくわからなかったけど、「なんだか、今の自分は違う」 という感じがしていたのです。

「私」を演じている自分・・・のようなつかみどころのない感覚。 

とても微細な感覚ですが、時々、ふっと感じていました。

(この感覚を深く見つめていくことで、後にものすごい宝物を発見しました! →体験その3

私は ひとりでテンションを高くしていって、そのなかで わずかな希望を見出していました。

そうするしかなかったからです。

ガンになったことは、周囲にはほとんど話しませんでした。

「手術しないとダメだ」 なんてマイナスなことを言われたら

一生懸命キープしている気持ちが一気にダウンしてしまいそうで、怖かったからです。

私は 緊張しながら、恐怖にフタをして ギリギリのところで頑張っていました。

(このときフタをした恐怖感は 後々、しっかりと感じ取るチャンスに恵まれることになります

 →体験その3)