ソマティックヒーリング(体細胞療法)

ソマティックヒーリング

私自身、がんと向き合う中で、「自分の身体の中に癌細胞を生み出してしまったものは何だろう」と自問しました。

「身体の状態はすべて本人に対するメッセージである」と考え、直接、身体の体細胞にその「メッセージ」を聞こうとするソマティックヒーリング(体細胞療法)は、それと通じるものがあります。

そのため病気を抱えて悩んでいらっしゃる方からのご要望に応えてソマティックヒーリング(体細胞療法)を行っています。

ソマティックヒーリング(体細胞療法)とは

米国カリフォルニア州サンタローザでアルケミー催眠協会を運営しているデイヴィッド・クィグリー氏が考案した癒しの方法論です。

日本ではホリスティック医療を提供するイーハトーヴクリニックの医師である萩原優医師がデイヴィッド・クィグリー氏から学んだ後、日本ソマティックヒーリング研究会を立ち上げ、私は萩原先生が自ら指導する
IHCイーハトーヴヒプノセンター ソマティックヒーリング(体細胞療法)講座で習得しました。

「身体の状態はすべて本人に対するメッセージである」という考えから、身体が発しているメッセージを直接、体細胞に聞き、理解し、それに応えていくための技法です。

「身体の声を聴く」という感覚にとても近く、催眠状態で潜在意識の中にある身体の不調の原因を探り出す手助けとなります。

ソマティックヒーリング

体細胞は記憶を持ち、感情を持っています。

けれど、身体が発するメッセージに無頓着でいると、不調や病気といった形で現れるまで気づきません。

症状や疾病の原因を探り出してご自身で癒していかれる助けになります。

また、身体のなかに埋め込まれた過去のトラウマやそこから生まれる感情の結果として病気が生じている場合には、トラウマを取り除くことで抑圧された慢性的な緊張を軽減し、心と身体を楽にすることができます。

不調をご自身が感じていない部位が声を上げることもあり、未病の段階でご自身の体調を知るためのツールともなります。

また、ご自身の身体がメッセージを持ち、また「自ら治ろうとする意思と力」を持っていることを実感していただける体験となるでしょう。

ソマティックヒーリング(体細胞療法)のご感想

アイムの会連続講座を受講されていたH・Y様より
嬉しいご報告です。
許可をいただいてシェアいたします。
H・Y様は 子宮頸がん高度異形成(前がん病変)の診断を受けて
2014年に カウンセリングを受けに見えました。
まずは 生活習慣のアドバイスと がんの捉え方について。
それから 連続講座を受講し ヒプノセラピー、ソマティックヒーリングなど 私が提供しているメニューのほとんどを受けて 衣食住を中心としたご自身の生活習慣、メンタル面と向き合われてきました。
このたび こんなに素敵な ご報告をいただいて
私も 嬉しくて 涙が出そう。。。
Hさん、ほんとうに おめでとうございます。

子宮頸がん高度異形成から回復~婚約~入籍へ

先月 久々に子宮の検査に行き、
細胞診は正常、
組織診は、軽度異形成のままでした。

主治医も 二回も高度異形成が出なかったので
「凄いね、何かやったの❓」と
信じたようです。
なんとも言えない達成感です。
治療に専念していた期間は、素晴らしい体験で
検査以外は楽しかった思い出です。

昨秋に婚約し、入籍は来月です。

たまたま 友人のモニターで受けたカードリーディングでは 5月以降温かくなる時期に妊娠と出てるよと言われましたが、こればかりは分かりませんね。
全て色々 もとこさん仰る通り、
魂の計画通りなのですね きっと。

表参道での花の教室も 2年ほど続けています。
日本流行部という活動や 世界フラワーライフOLモニターの活動など結構様々楽しんでいます🎶

ほんとに ありがとうございました。

( ソマティックヒーリング(体細胞療法)ご利用 横浜市在住 H.Y様 )

17年間の不調の謎が解けました!

おはようございます。
昨日は 素晴らしい感動的なセッションを心より感謝いたします。
そして このタイミングでのこじまさんとの出会いに深く感謝しています。
私にはこれだ!と思ったソマティクヒーリング迷わず受けると決めたヒーリングは大大正解でした。

17年あまりの不調の原因の謎がやっとやっと解けました。

17年という歳月は 私にとって気の遠くなるような日々でした。
長く長くそして制限のかかる辛い日々でした。その謎が解けたんです!!

セッションが始まるといなや全身から早く喋らせて欲しいという 要求がとめどなく溢れで
これ程までに 身体は語りたかったことに呆然としました。
全てが愛から起こり 愛から癒すを身をもって体験することが出来ました。
本当にありがとうございます。

部位によっては 根を張っている子。
ペラっと簡単に剥がれる子。
色々あるんだなあと感じれました。
お話をしてみるとどの子も 本当によく私の気持ちを汲み取り頑張っていてくれていたんだなあとおもうと 愛しい。 の一言です。
心配してくれていたんだね。
ありがとう。 ありがとう。

今後も 身体の声を聴きながら 幸せな人生を歩んでいこうと思います。

今後の近況も また報告させて下さいね。
またこじまさんとお話を出来るの 楽しみにしてます。

出逢いに感謝
ソマティクに感謝。

高知県在住・50代 K.O様(オンラインにて)

私の中にある治癒の力を信じていなかったのは自分だったのかもしれない

乳がんの再発と診断された私は、今回は病院の治療ではなく、
自分で治さないといけないと感じて、半年ほど自分なりに
いろいろと取り組んできました。
それでも症状は進んでいき、
「なぜなんだろう」と不安になることが増えていきました。

そんなときに、以前一度もとこさんのセミナーに参加したときに
聞いたソマティックセラピーを思いだしました。
「自分の体の声を聞きたい」
その想いで受けることにしました。

これまで、催眠療法などのセラピーを受けたことがなかったので
どのような感じになるのかと、最初はイメージできなかったのですが、
もとこさんのゆったりとした誘導に、少しずつ体がリラックスして
いきました。

ぼんやりとしたイメージの中に入っていくと、これは自分が意識的に考えているのか、無意識の中から出ているものなのかがわからなくなっていきますが、
もとこさんがそれを受け止めて伝えてくれて
「私が自分の中に持っているものなんだ」と安心して受け入れることができました。

最後に『内なるヒーラーとの対話』。

自分に見えるのかなとわからなかったのですが、
一瞬見えたイメージは今も鮮明に残っています。

私の中にある治癒の力、自然の力を信じていなかったのは、
一番自分だったのかもしれない、という大きな気づきを得ました。

もとこさんの温かい誘導と素敵な癒しの空間に、
心も体も穏やかになりました。 

( ソマティックヒーリング(体細胞療法)ご利用 東京都在住 30代 I.S様 )

ソマティックヒーリング(体細胞療法)私自身の体験談

ソマティックヒーリング(体細胞療法)のイーハトーヴクリニック主催のセラピストとしての実習にあたっては、私自身も、その効果を実体験しています。

2日目の「事故による怪我の場合」のレッスンでは全員がセラピスト役とクライアント役になる実習があったのですが、私は実際に自分が3歳のときに体験した交通事故の場面を取り上げてみました。

中学生の男子が運転していたバイク(無免許で盗難車!)がブレーキ不能となって、そのまま突っ込み、当時3歳だった私を後ろから跳ね飛ばした、という事故でした。

私は小さかったので事故の記憶がほとんど無く、

親からは「後ろから激しい衝撃を受けてタイルの壁に頭と顔面を叩きつけられて乳歯だった前歯を根こそぎ2本失うような大きな事故だったらしい」ことは聞いていましたが、
自分自身では、血で真っ赤に染まった手の様子が断片として記憶の片隅にあるくらいでした。

「ソマティックの練習なら、やってみようかな?」という軽い気持ちで事故の状況を再現してみたら、
驚くべき反応が現れました。

後ろからはねられた突然の衝撃で壁に叩きつけられた瞬間の再現で、私の身体が震え出しました。
「怖かった。怖かった・・・」嗚咽が止まらず、指先まで震えています。

私は忘れていても、私の身体は事故の衝撃と恐怖を覚えていたのです。

身体~特に頸椎に受けた不意打ちの衝撃が最も強烈だったようで、そのまま一緒に参加していた皆さんが私を支えて椅子に座らせてくれました。

こみ上げてくるあまりの恐怖に涙が止まらず、そんな自分に驚きながらも「頸椎が・・・」というと、

先生と担当セラピストの方が急遽
「頸椎の部屋へ行くための階段を降りる誘導」をしてくださいました。

そこで見えたものは古い地味な和室でした。
私が小さい頃に住んでいたようなまさに「昭和の時代」の部屋です。

誘導の声かけに従ってじ~っとその部屋を見て感じていたら、
その部屋は恐怖に怯えたまま緊張するばかりで成長していない頸椎そのもの、だとわかりました。

他の骨、細胞は成長進化しているのに、頸椎だけが恐怖で固まったまま、フリーズしていたのだと。

自分では、気づかないままに身体(頸椎)に驚くべきトラウマを抱えてしまっていたのですね。

皆さんも癒しの言葉かけをしてくださって、
私も『頸椎』に「あのときから今までずっと怖かったんだね」と心から労いました。

帰宅してからも、ゆっくりお風呂に入って頸椎に手を当てて、あたためて、心から湧いてくる「ありがとう」を伝えました。

「突然の事故で怖かったよね。恐怖と緊張を抱えながらも、いままで私のために一生懸命働いてくれていたんだね。ありがとう。どうもありがとう」

『頸椎の声』を聞いたら「気づいてくれて、ありがとう・・」というメッセージが心に浮かんできました。

あぁ、身体の細胞って、なんて愛おしいのでしょう!
感無量でした。

それにより、このトラウマが氷解したのでしょうか。

それから 長年患っていた首のコリがすっかり無くなってスムーズに動くようになったのは嬉しい変化です。

これが、私自身が実体験したソマティックヒーリングの醍醐味です。

ソマティックヒーリング(体細胞療法)の流れ

最初に、気がかりな事柄や、解決したい内容についてヒアリングします。

ソファに座っていただき、カウンセラーの声かけに従って催眠状態に誘導して行います。
催眠状態といっても、意識がない状態ではなく。うつらうつらした状態に近いので安心してください。

催眠状態で、いろんな質問をさせて頂いたり、誘導をさせて頂きます。

ソマティックヒーリング(体細胞療法)の主な手法は下記の6つがあり、必要に応じて選択して行います。

ゆっくり、声かけにより意識を戻していただきます。

催眠中に感じたことなどを伺い、今後に生かして頂くためのアドバイスをさせていただきます。

ソマティック・ヒーリングは病気の本質に迫り、それを改善する方法です。
自分自身での病気に対する気づきができます。
身体の中から、体の部分に手をあてて欲しい。マッサージをして欲しいなどの要求も自然に出てきます。

ソマティック・ヒーリングはこの様に、本来、体細胞の一個、一個が持っている細胞の働きを取り戻し、またそれらに気づくことにあります。

この感覚を感じる事により、ご自分でも一人で行う自己催眠状態で、ご自分で体細胞を感じることが出来るようになります。普段から「自分の身体の声を聞く」事が出来るようになります。 

ソマティックヒーリング(体細胞療法)料金

180分 20,000円(カウンセリング含む)

実施場所

特にご希望がなければ 横浜桜木町駅近辺で行います。
(返信のときにお知らせします。)

個室をご希望される場合は お申込み時に その旨お申し出ください。

お申込み

お申込み・お問い合わせは 
お問合せフォームからお送りください。

その際、コメント欄 に
○ソマティックヒーリング(体細胞療法) 個人セッション希望
○希望日
○時間(午前、午後など)を 第3候補まで記してください。

これまで「がんサポートカウンセリング」をご利用の方からも好評をいただき、何度もご利用いただく方もいらっしゃいます。

ご不明な点、ご心配な点がありましたらお気軽にお問合せください。

小冊子「がん その自然治癒の軌跡」1600人以上の方にお読みいただいています。がんを2度自然治癒した体験と気づきをまとめた小冊子。病と向き合う方へ。生き方に迷う方へ。小冊子について詳しくはこちら

がんカウンセリング&生き方カウンセラー こじまもとこ2度の癌の体験の中で、私自身、いろんなことに気づかされ、自分の生活や考え方を見直しました。それを体験談として伝えることを始めたのをきかっけに、たくさんのがん患者さんからご相談を頂くようになり、ワークショップで伝えることをしてきました。これまでのカウンセリング実績は300人以上。
大事なのは、本来の自分を知り、それを大切にして生きること。そうすることで自分新しい人生が開きます。お気がるにご相談ください。
プロフィール詳しく

一番お伝えしたいことをまとめました。こじまもとこコラム気づけば変わる「がんという病との向き合い方」